« January 2005 | Main | March 2005 »

2/28

大航海時代やっているわけですが。

なんか久しぶりにおもしろいと思ったMMOの気がします。
基本はクエストをクリアしていくのみのゲームなんですが、
所属国によって一応ストーリーらしきものがあって、
クエストのみばかりだと飽きがこないようになっています。
ちょっとしたクエストをクリアするだけだと1日1時間程度でも楽しめる。

でもチャイナの集団はやっぱり居ました('A`)

だけど装備の多くはスキル、レベル依存しているから
RMTはほとんど意味ないと思うのだがなぁ。。。
酒場で酒に溺れているだけとかなら別ですが(´∀`)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2/23

おつかれさん(´∀`)
http://www.geocities.jp/umaibou_1000/menu.htm

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2/20

大航海時代オンラインプレオープン申し込んだ。
2鯖のポルトガルで始める予定。
どれ位時間が割けるかわからんけど、もし見かけたら声かけてやってください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2/18

コの字型の防衛陣形

その後、嫌な事件とかがあってその際の戦争でたまたま私の策がズバリ決まってしまったことがりました。(戦争に関する初歩的な仕様と十分な下調べがあれば誰でも考えつく手だったのですが)
あくまで私の主観ですが、その時くらいからクラン内での戦争に関する私の発言が一気に重みを増した気がします。事実上この頃から戦術担当幹部っぽい感じになったんではないかと思う。(正式に決定されたのは俺がなゆを一旦辞める直前位でしたが)

と言っても、この頃から有名になっていた誰かさんのようにタゲ指示出したりしないし、あんまり白チャットとかで指示も出さないので相変わらず地味キャラでしたが(´・ω・`)

そして、7月終わりにオーレンUPと問題のPOTディレイ適用が来ます。オーレンUPの1週間位前には、今までの防衛方法では明らかに無理、というのは結論が既に出ていて、問題はどのように防衛するか、と言うことになっていました。

当然、基本的なコンセプトは前回で記述したとおり、いかに攻撃側弓兵の無効化を図るかです。
で、以下に挙げる3つのうちのどれかで行くべきであろうと考えました。

1.既存の防衛陣形の運用で何とかする。
2.門防衛は数名でふさぐ程度に人を置き、残り全員で門前遊撃。
3.いわゆる「コの字型」防衛陣形。

1は絶対無理というのは事前のシミュレーションとかでも明らかなので即却下。2は実は一度はやってみたかった防衛なのですが(何より一番楽しそうですし)、既に当時のなゆをとりまく状況がこの防衛を許してくれる程敵の少ない状況ではなかったので、残念ながら諦めざるを得ませんでした。
結局最後の3しかありませんでしたが、問題はどれ位下がってやるか、というところでした。その点については例のLegendの彼に相談してみたりして結局3セル位でやってみるかと言う感じになったんですが、彼に2セルと言われたのか3セルと言われたのか実ははっきり覚えていません。2セルか3セルかでは大きな違いなんですがね。

しかしながらこの陣形をもってしても、これまでのようなナイトが単にPOT光らせて耐えるだけでは回復量がどうも少し足りない、という計算結果がありましたし、一部のクラン員からも陣形だけではPOTの回復で間に合うかどうか不安だとの声もありました。そこでオーレンUPでの仕様変更により当時は1M程もしたH-Aの魔法が安くなって全てのWIZが使える魔法になる見込みがあったので、所属WIZ全員にH-Aを覚えさせてそれを使用させることによりナイトのPOT使用を補完してやるということにしました。
この辺は何度か実際に計算してみて、攻撃可能なエルフ(弓兵ではなくエルフ)が特定のターゲット固定で攻撃をしてきても「白POT」とH-Aの組み合わせがあればなんとか問題は無いだろうとの考えに落ち着きました。(あと、ターゲットをあわせにくい位置だろうという安心感もあった)

その後、ケントが落城した時はどうもこの点を衝かれたみたいですが。

詳細はそのうちどこかの今は豆乳日記になってしまっている場所で書かれるだろうから、そちらで期待して待っていて下さい、と勝手に他人に振ってみる(笑)。

1回で最終回は終わるかと思ったけど、長くなりそうなので次回が本当の最終回。ちょっと次回までに当時のMLのログとか見て来ます(当然内容はそのまま晒せませんが)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/14

この防衛戦が俺に教えてくれたこと。

当時の門が抜かれる状態っていうのは、突き詰めれば、飛ばされた防衛側ナイトが門に戻ってくる時間<<敵の時間辺りの攻撃力、という状況となった時に門が抜かれるわけです。初回に示した陣形のように門前ギリギリまでナイトが詰めていると、前に出ている分、敵の弓兵からの攻撃をモロに食らうことになり、2歩下がっている陣形より時間辺りの攻撃側の攻撃力が上がることになります。
定量的に考えると、2歩前に出るということは攻撃側の攻撃可能な弓兵の数が4体増えるわけで1体辺りの攻撃力が12ポイントだとしても12×4で50弱。当時の白ポット1個分に匹敵する値となります。大した事無いと思われるかもしれませんが、塵も積もればなんとやらでこの状態が最長2時間続くわけですから、結局抜かれるわけです。(落ちるのはそれだけのせいではありませんが)

で、2歩下がることはちょっと考えれば分かることですが、防衛側の攻撃可能な弓兵が最低4体増えることになるので、今度は逆の立場になるわけです。

そういうわけで、結局何が言いたいかと言うと、2歩下がった陣形というのは攻守の(弓兵の)攻撃力のバランスを防衛側に有利なようなバランスにしたことによって、防衛側のナイトが門に余裕をもって戻ってこれる時間を作ったということです。実際この3月半ばの防衛時には一旦飛ばされても城倉庫で雑談してからでも余裕をもって門へ戻ってくることができました。

その後、この経験を踏まえた上でPOTディレイ適用時にコの字型の陣形を作成するわけですが、そのときも以下のことが常に頭にあった上で作っていくことになったのは言うまでもありません。

1.弓兵の数のバランスが攻守ともに最重要であること。
2.陣形というのは壁ナイトをできる限り敵弓兵から遠ざけること。
(飛ばされたナイトが戻ってこられる時間を稼げる陣形にすること)

この2引き陣形は回復POTの回復量が増えるまでは最も有効な陣形でした。しかしながら、POTディレイ前の仕様変更であるPOT回復量が増えてからはそれほど絶対的な陣形ではなくなりました。回復量がかなり増えてしまうことによってバランスがやや攻撃側に有利になってしまっていたためです。
具体的にはPOT回復量が増えてしまうことにより、攻撃側のナイトが防衛側の攻撃で飛ばせにくくなり、その結果、防衛側の負担が増えることになりました。(3月半ばのような白POT連打が間に合わないという状況はなくなってしまった)
当時、とあるクランが人数に任せてごり押しで来た時には何とか防衛できたもののかなり防衛側に犠牲者が出てしまって、もう一回続けて2日後に来られたら多分落ちてただろうと思います。
後で攻め側の人に聞いたら前線ナイトなどは2Mアデナとか消耗したそうであんなの2回も続けて無理とか言われましたけど(笑)。
この防衛戦の後、陣形はPOTディレイが適用されるまでは他所の鯖と同じような門の中には人を置かず、門の防衛側の出入り口に横一線でナイトを置くオーソドックスな陣形を使うことが多くなりましたね。

ちなみにこの2引きの陣形を最も上手く使えるようになると、最前線のナイトはキーパーの操作ができるギリギリのポジショニングになるので門の開閉を行うことにより、効率的な防衛ができるようになります。
さらに(DK変身できる人なんて当時は居なかったんで)ガースト変身でツルギもって最前線に立つとかなり嫌がられました。

と言っても、もう誰も使わねぇ陣形だけど(´・ω・`)

次回(最終回)はコの字型陣形の導入。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2/11

前回の続き。

3月半ばにとあるクランが大挙して攻めて来ると言う情報が来ました。当時のなゆの戦力では到底かないそうにない戦力で、しかもそれまでのように外からの援助は同盟クラン以外は無し、という通告(だったように思う)もあって、戦争当日はこりゃ駄目だなぁって感じの雰囲気になっていました。

で、城の中でケントとも今日でお別れかぁと思っていた時、彼は来ました。

彼はなんとなくカノ鯖から遊びに来たようなことを言っていたと思います。しかしながら、単なる一般人ではなくカノ鯖のLegendから来たと聞いて、ベガに来る前はカノ鯖に居た事があってカノ鯖の状況を多少なりとも知っていた俺はびっくりしました。
当時のカノ鯖のケントには1,2度観戦しに行ったことありましたが、そりゃあ、もういつもLegendがガッチリ防衛って感じで、こんな感じになれたら良いと思っていた俺にとっては雲の上のような存在のクランでした。(当時のなゆの目標はケント長期防衛だった)
当然、早速今日はこれこれこういうわけで、なんとかしたいんですが、お知恵を貸してくださいと言ったら、快く快諾してくれてそのときに教えてもらった陣形が

△:弓兵 ○:ナイト ◎:キーパー

     △△△△
      △△
      △△

   △  ○○
■■■■○○■■■■
■■■■○○■■■■
■■■■○○■■■■
■■■■   ■■■■
■■■■   ■■■■
■■■◎     ■■■


この陣形。
違いは前回で示したナイトのポジションが2歩下がる所と、指揮官専用の人を置いたことです。この陣形を教えてくれた時の彼は「ナイト6人居たらケントは落ちないですよ」というような事を言っていて、それを聞いたとき大言壮語かと思って正直ちょっぴり不安が無くも無かったのですが、どうせ、負けて元々だしこれでやるだけやってみようということになりました。
で、結果はご存知の方もいらっしゃると思いますが、

ケント外城門は敵クラン員の死体で舗装せられり(剽窃)

しかもこっちほとんど死亡者無しだし(´д`;)

こちらは余ったナイトは全部ハンターボウ持たせて弓兵にした上に、おそらくベガでは初めてに近い本格的なカラー文字チャットによるターゲット指示がこれまでに無い著しい火力集中を生み出し、回復量50程度しかない白POT連打では全く間に合いませんでした(´д`;)
後日談ですが、その後なゆにJOINした人の何人かはこの時の防衛戦を見て入りたいと思った人も居たそうです。
陣形の解説とこの陣形、防衛戦が俺に教えてくれたことについては次回に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/6

オフに出るたびに戦争クラン関係の人には聞かれることがあるんで、もうここに書いてしまいます。当時のメールとかまだ残っているうえに某所に一応資料らしきものがまだ残っているんでそんなに苦労せずに書けるかな。

で、何のことをよく聞かれるかというと、なゆの防衛のお話しです。半年もどうやって防衛したのかとか余り見慣れない陣形はどうやって確立させたのかっていうのは特によく聞かれます。

前者は俺はあんま知らないし、気にしたこともないけど、後者に関してはかなり深く関わっているので答えることができます。そんなわけで戦術に関することをこの際ここで全部ばらしちまいます。どうせ今となっては全て陳腐化してますしね(´∀`)。で、書くにあたっては本来は関係者に許可取ったほうが良いんだろうけど、俺は今は課金してないから連絡とるがちょっと大変。さらに、当時の主ななゆの関係者で本格的な戦争クランを経営している人とかもう居なさそうだし3年位前の話になるからええ加減時効かと思うんで申し訳ないけど無許可で書いてしまいます。

まず、そうですな。。。当時(3年前の3月頃)のベガ鯖の戦争の状況を簡単に説明。

門は幅2セル。POTディレイは無しでホイール連打が基本。で、さらにオレンジPOTと白POTの回復量が現在の約半分。Lv上昇に伴う命中率、ダメージプラスとかも無し。もちろんクラス毎の命中修正も無し。だからWIZとナイトがタイマンで殴り合いとかすると、ナイトが余裕で負けることとか普通にあったし、俺も何度かSOF持ちWIZに殴り殺されますた(´д`;)

てな状況で戦争やっていたわけです。例えばケントやWWなんかでは防衛側は

△:弓隊 ○:ナイト ◎:キーパー

    △△△△
      △△
      △△

      ○○
■■■■○○■■■■
■■■■○○■■■■
■■■■○○■■■■
■■■■○○■■■■
■■■■○○■■■■
■■■◎     ■■■

多少は異なるところもあるでしょうが、基本的にはこんな感じで門のギリギリのとこまでナイトが詰めて防衛してました。うちらも3月半ばまではこれしか知らなくて(尻鯖のKuzunohaに居た人はちょっと異論があったようですが)、これが当たり前だと思っていました。貧乏人は白POT使わずに防衛とか普通でしたし、白POTなんぞ派手に使っていたら当時はかなりのリッチマンだと思われていました。当然、俺もあんまり派手に白POT使った記憶無いです。で、当時の俺は戦争のことでうんたら、かんたら言うほど偉くなくて尻鯖やUS鯖で戦争やっていた人達とどうやって戦争しようかって言っていた時代です。が、3月の半ばに大きな転機が訪れます。それは次回に。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2/3

36時間ぶりに帰宅
26時間ぶりに食事
18時間ぶりに水分摂取
そして、3日ぶりくらいのKO・TA・TSU
んで、38時間くらい起きっぱなし

つか白米がこんなにうめぇの10年ぶりくらいだwwwwwうえっwwww
またこれから(PM8:20)仕事いくべさ。
さすがにあと2,3時間が限界かな。
んではまたね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »